メタ認知 振り返りシート 書き方

メタ認知向上には振り返りが効果的!

人は何かミスをしてしまった時、その原因を探り、二度とミスが無いように傾向と対策を立てていきます。
しかし、メタ認知が低い方は、そういった考え方のプロセスが少なく、振り返って自分を客観視しないことが多いです。

 

何か行動をした時は、その物事を振り返ることで反省し、対策していくことが必要となるのです。

 

そこで、重要となってくるのが振り返りシートです。
ある物事に対して、自分がどのように行動し、どのように成長し、どのように人に恩恵を与えたのかをシートに書いてみましょう。

 

振り返りシートの書き方

振り返りシートの書き方は基本的には自由ですが、それぞれ行動した順番に並べていき、その時その時のプロセスごとに書き出してみることをおすすめします。

 

そうすることで、自分を俯瞰して見ることができ、その結果に至るまでの行動なども知ることができるのです。
ミスが多かった場合は、それぞれミスの改善に繋がりますし、成功した場合は良い成功例として頭にインプットさせていけば、次の仕事にも活かせます。
(関連ページ:メタ認知と俯瞰

 

このように、メタ認知は振り返りをおこなうことによって、より鍛えていくことも可能なのです。
何度も同じミスをしてしまう方は、メタ認知が低いことが多いので、自分で鍛えていくことをおすすめします。

スポンサーリンク