メタ認知 脳活動 前頭葉

メタ認知と脳の活動について

脳の活動とメタ認知は深く関係していると言われています。
メタ認知能力が高い人は、前頭葉が発達していて、客観的に自分を見ることができる人が多いと言われています。

 

実際に脳の活動も活発化していて、多方面から自分を見ることができるようになっているのが特徴です。

 

逆に自分のことしか考えていない人に関しては、他人からどう思われようが関係ないと考えているので、その分前頭葉を使う機会が少ないと言えます。
自分本位に行動するのと、他人にどう思われているか考えながら行動するのとでは、脳の活動自体が変わってくると考えられているのです。

 

人間は何か行動する前に考えるものですが、メタ認知が低い方はよく考えずに行動してしまう傾向があります。
一方で、メタ認知が高い方は結果まで予測し、「こうしたらこういう結果になる」「ああしたら良い報酬に繋がる」と考えているのです。

 

自分の行動を反省したり振り返ったりする人がメタ認知も高いと言われていて、そういう人は多くの場合、先を予測する能力も高いと言えます。

 

メタ認知能力の高さや、それを活用する力などは人によって違ってきます。
その違いは、脳の使い方の違いとも言えるでしょう。ぜひメタ認知能力を高めて、脳を活発に使っていきましょう。

スポンサーリンク