メタ認知 意味 わかりやすく 具体例

メタ認知の意味について

メタ認知に関して、あま理解していないという方も多いです。
メタ認知の意味は、わかりやすく言うと客観的に自分を見ることです。

 

メタ認知というのは、普段自分を主観的で見ている場合、客観的な視点に切り替えて見ることであり、それによって広い視野を持とうとすることを言います。

 

認知の認知とも言われていて、使い方によっては勉強や仕事、恋愛などに置いて大きく役立つものとなっています。

 

具体例で説明

具体例を用いると、例えば恋愛する時、自分を客観的に見ることができれば、相手からどう思われているのかも判断しやすくないます。
また、その視点を活かして、逆にどうすれば気に入ってもらえるのかも見えてきます。

 

メタ認知とは、このように視点を多面的に活かすことによって、自分という存在を新しく認めていくことを意味しているのです。
場合によっては自分自身が考えたことや見たこと、記憶したことや学んだことなどを、頭の中でもう一人の自分と相談し、コントロールすることもできるようになります。

 

上手に鍛えていけば、人間関係の構築はもちろん、仕事・勉強の効率化などにも繋がっていくと考えられています。
簡単な言葉で言うと、周りから見た自分を認めることがメタ認知ということです。

スポンサーリンク