メタ認知能力 高める方法

メタ認知能力とは?

メタ認知という言葉を聞く機会が少しずつ増えてきています。
もともと心理学用語として使われていた言葉ですが、近年は様々な場面で使われるようになってきました。

 

メタ認知とは、自分を客観的に認知することです。
自分の考え方や言動を違う角度から見ることを言います。
メタとは、高次元や多角度といった意味があり、一段高い視点や違った視点で自分を見ることをメタ認知と言うのです。

 

つまり、客観的に自分を見ることによって、「人からどう思われているのか」や「自分の言動が人にどう見えているのか」などが、判断できるようになるわけです。

 

 

メタ認知能力が高い方は、人から好かれやすく、自分の間違いにも気づきやすいので、勉強や仕事や恋愛の面で成功することも多いと言われています。

 

実際に、メタ認知というのはトレーニングによって鍛えることも可能なので、メタ認知能力が低い人でも失望する必要はありません。
鍛えることによって、自分を多面的に見られるようになれば、人間としての幅が広がるだけではなく、しっかりと自分と向き合うことができるようになるでしょう。

 

まずは様々な視点から自分を客観視してみて、新しい自分を認知してみてはいかがでしょうか。
そういった行動をすることによって、より自分の成長に繋がっていきますよ。

 

メタ認知を高める必要性

メタ認知を高めることは、とても重要なことです。実際にメタ認知を高める必要性については、既に多くの方が気付いていて、トレーニングなどを始めている方も増加しています。

 

例えば、他人にどう思われているのかを考えずに自分勝手に行動している場合、空気を読めない人間だと見られ、周りから嫌われてしまう可能性が高まります。

 

仕事を真面目にしているつもりでも、メタ認知ができなければ、周囲からの評価もまた変わってくると考えられます。
だからこそ、メタ認知を高める必要性を感じているひとが増えているのでしょう。

 

メタ認知能力は実際にトレーニングすることによって鍛えることができるので、自分を客観視するのが苦手な方は毎日鍛えてみると良いでしょう。

 

鍛え方としては、思考を文章や図にまとめてみたり、難しい本を読んでみたり、自分を見つめ直したり、方法はいろいろあります。
自分がどのように見られ、どのような印象を周囲に与えるのかを判断できるようになれば、メタ認知能力も高くなっていると言えます。

 

行動する前に過剰に考え過ぎるのは良くありませんが、何かする前に結果を予測することも大切なので、ワンクッション置いてから行動する癖をつけておくのも重要だと言えるでしょう。

 

また、行動した後にも自分を振り返り、結果や過程を再確認することもトレーニングになります。

スポンサーリンク